抜毛症って何?引き起こされる薄毛に悩む女性におすすめの発毛促進剤

ヘアケア

ダメだとわかっていても自らの髪を抜くことがやめられない“抜毛症”をご存知ですか?

私がその言葉を聞いたのは、日本テレビ系の【世界仰天ニュース】で抜毛症であることを公表しているスキンヘッドパフォーマー「土屋光子さん」のことを取り上げた番組を観た時でした。

その後フジテレビ系【直撃!シンソウ坂上】でも「依存症」として再び取り上げられています。

 

果たして抜毛症とはどんな症状なのか。

その原因や繰り返し髪を抜くことによって薄くなってしまった髪を誰にも知られずケアできる、日本で唯一の抜毛症に特化した発毛剤【トリコチロアール】についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

抜毛症とは

抜毛症(トリコチロマニア)」とは、抜毛癖(ばつもうへき)とも呼ばれている疾患。

自分の髪や体毛を引き抜く自傷行為がやめられなくり、ダメだと分かっていても、自分ではどうすることもできない「依存症」のひとつです。

抜毛症とは、抜毛癖やトリコチロマニアという別名でも知られ、自分で髪や体毛などを引き抜いてしまう症状を指します。

ー引用:東京AGAクリニックHPより

 

抜毛症になる原因

抜毛症は、拒食症や過食症のような摂食障害と同じように、精神的なストレスが原因と言われています。

過度なストレスにより、ふと髪を抜いた時にそれが「気持ちいい」と感じたことがきっかけとなり、髪を抜く行為がどんどんエスカレートする。

気がついた時には髪が薄くなってしまっていた、というケースが多く、1:9の割合で男性より女性の方が圧倒的に多い疾患です。

抜毛症になるとどうなる?

無理やり髪を抜くと、毛根部分が傷つき正常な髪の生え変わりが行えなくなります。

そのまま抜き続けていると、やがて傷ついた毛根のせいで髪が生えてこなくなり円型脱毛のような状態になってしまうのです。

 

スキンヘッドモデルの光子さんは、子供の頃の両親の離婚が引き金となり、自分ではどうすることも出来ないほど髪を抜くことがやめられなくなったと紹介されていました。

 

 

薄くなった髪がさらなるストレスに

抜毛症により、だんだんと髪が薄くなってくると、人目が気になり帽子をかぶったりウィッグをつけたりしながらなんとかごまかそうとします。

学校や職場、買い物でさえ周囲の人に薄くなった髪を見られているような気がしてしまう。

ストレスが原因で髪を抜いてしまうのに、薄毛を気にすることで更にストレスを感じてしまっては悪循環ですよね。

せめて髪がもう一度生えてくるようになれば、前向きな気持ちになれるのに…

 

そんな女性たちのために、唯一の抜毛症に特化した発毛促進剤が販売されているんです。

抜毛症に特化した発毛促進剤

 

抜毛症の方は、繰り返し髪を引き抜くことにより、頭皮や毛根がダメージを受けています。

抜毛癖女性のための薬用発毛促進剤・トリコチロアール はくり返し髪を抜いて傷ついてしまった毛根をケアしながら発毛促進ができる成分【ドクタートリコチロ】を配合した、唯一の抜毛癖用の薬用発毛促進剤です。

市販されている薄毛用育毛剤とは違い、頭皮や毛根に刺激を与えてしまう成分は一切含まれておらず、99.6%が天然由来の成分。

傷んだ毛根や頭皮をケアすることで、毛根を活性化し発毛を促します。

 

くり返す抜毛によって薄毛になりつつある方は、毛根が完全に死んでしまう前にできるだけ早く対処することが肝心。

薄毛が改善されることで、人目を気にすることなく前向きに生活できるようになるはずです。

 

公式サイトには同じような悩みを抱える女性の経験談も掲載されているので、気になる方はぜひ一度覗いてみてください。

一人で悩まず、まずはできることからやってみましょう。

公式サイトへ>>

 

まとめ

今回は抜毛症についてお話しました。

ストレスをできるだけ抱え込まないのが一番ですが、現代社会ではなかなか難しいですよね。

なってしまう時にはきっかけがあるように、ちょっとしたことがきっかけで良い方向へ向くことだってあります。

薄毛に悩んでいるのなら、早めの対策で髪の生まれ変わりを促して、少しでも前向きに生活できる日が来ることを心から願っています。

タイトルとURLをコピーしました