1本5役のクリームシャンプー【KAMIKA】の口コミ・評判は?

ヘアケア

突然ですが、皆さんは自分のシャンプーの仕方に自信がありますか?

ただなんとなく洗っている方、実はシャンプーの仕方ひとつで髪は劇的に変わります。

最近SNSや雑誌などでよく見かけるクリームシャンプーは、髪や地肌を労って白髪や抜け毛を防いでくれるシャンプーです。

毎日使うシャンプーにこだわって、髪のアンチエイジングしてみませんか?

今日はそんなシャンプーについて、改めて見直したいシャンプーの仕方とおすすめのクリームシャンプー【KAMIKA】の使い方や評判についてお話しします

スポンサーリンク

クリームシャンプー【KAMIKA】で美髪を目指そう

クリームシャンプー【KAMIKA】

毎日のシャンプーで髪のアンチエイジングを目指すなら、白髪や抜け毛を防ぐ効果のあるシャンプーを使ってみませんか?

 

クリームシャンプーは、市販のシャンプーとは違い、泡立ちません。

ちょっと物足りない気もしますが、泡立たないからこそシャンプーするときの摩擦によるダメージを防いで、しっかりと頭皮をマッサージすることができます。

雑誌やSNSでも話題となった、【KAMIKA】なら、シャンプーするだけで綺麗な髪に導いてくれます。

泡立たないシャンプー【KAMIKA】とは

優木まおみさんがアンバサダーを務めるKAMIKA

雑誌「美st」や「anan」でも特集されるなど、美髪を目指す女性に人気のシャンプーです。

特に「anan」では2020年モテコスメ大賞 受賞など、その評判も上々。

通販サイト楽天ではシャンプー売上1位を獲得しています。

 

1本5役のオールインワン

KAMIKA】は、黒髪を作り出すメラニンの作用に働きかける「ヘマチン」「メリタン」が配合されたオールインワンのシャンプー。

この1本でなんと5役。

  1. シャンプー
  2. コンディショナー
  3. トリートメント
  4. 頭皮ケア
  5. 白髪染め後のパサつきケア

この5つを短時間で叶えられるので、髪のお手入れになかなか時間のかけられない方でもおすすめです。

 

KAMIKAの口コミや評判は?

実際にKAMIKAを使用している女性の評判も気になるところですね。

髪がトゥルンとしていて、乾かすとまとまって艶のある髪になれます!

泡立ちはないけど、頭皮はスッキリします。髪もしっとりします。

良い評判で多いのは、「頭皮がスッキリする」というもの。特に汗をかく夏にはぴったりですね。

逆に思っていたのと違った、という方に多かったのは

白髪は全く変わりませんでした。凄く期待していた分心底ガッカリ。

という白髪に関するもの。

カミカは染毛剤は入っていないので、すでにある白髪は染まらないようです。

白髪への効果を謳っているのは、頭皮をマッサージすることで血流を良くし、これから生えてくる髪が白髪になるのを予防する、ということかもしれませんね。

 

KAMIKAの効果的な使用法

KAMIKAの使用方法は、市販のシャンプーと変わりませんが、そのシャンプー方法に気をつけるだけでよりきれいな髪に近づけられます。

老化を防ぐシャンプーのコツ

以前放送された、髪の悩みを解決するテレビ番組でのこと。

元皇室の御理掛係を務めた美髪のプロが髪のダメージに悩む女性の髪をシャンプーしてみると…

なんとたった一度のシャンプー&乾かし方で、女性の髪に艶が生まれ天使の輪ができるほどに!

美髪のプロ曰く、

正しいシャンプーをすれば髪の老化は防げます

というそのシャンプー方法をおさらいします。

お湯の温度と予洗い

正しいシャンプーをするために、まずは予洗い(シャワーで髪の汚れを洗い流すこと)をします。

この時に重要なのは、お湯の温度

頭皮はとても敏感なので、熱いお湯だと頭皮が炎症してしまいます。

頭皮や髪にダメージを与えないためには、ぬるめのお湯、38度程度の温度で流すのが最適です。

 

頭皮をこすらずマッサージ

予洗いの後はいよいよシャンプー。

シャンプーを手にとったら、まずは髪の根元になじませます。

シャンプーがなじんだら、髪に空気を送り込むように手で髪を上下に小刻みに揺らします。こうすることで頭皮と髪の間に空気が送り込まれ、綺麗に泡が立ちます。

 

洗う時間は、泡立て2分マッサージに3分の計5分が最適。

泡立てができたら、その後3分は頭皮を優しくマッサージ。

指先を頭皮につけたまま、桃に触れるくらいのソフトタッチで下から頭頂部へ動かすように優しくマッサージするように洗います。

この時大切なのは、頭皮をこすらないでマッサージすること。

ゴシゴシこすって洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまいます。

正しい髪の乾かし方

優しくマッサージするようにタオルドライ

せっかく正しいシャンプーをしても、乾かし方を間違うとその効果は台無し。

髪は摩擦に弱いので、ゴシゴシタオルでこするような乾かし方は厳禁。摩擦によってキューティクルが傷つき、髪の中のタンパク質が外へ出てしまうと抜け毛や切れ毛の原因になってしまいます。

タオルドライは髪全体を優しく包み込むようにし、優しくマッサージするように髪の水分を吸い取りましょう。

シャンプーもタオルドライも優しくするのがポイントなんだね。

ドライヤーのかけ方は

タオルドライをした後はドライヤーをかけるのですが、ドライヤーは最も髪の乾きにくい後頭部から当てるのが正しい方法。

髪は温風で9割ほど乾かし、最後に冷風を当てることでキューティクルが引き締まり艶のある綺麗な髪に仕上がります。

この最後に冷風をあてる方法は、ドライヤーを長持ちさせる効果もあるので是非実践してほしいと思います。

ドライヤーの寿命や長持ちさせるポイントは、こちらの記事でもご紹介しています。

 

ちなみに自然乾燥では、乾ききっていない部分に雑菌が繁殖し頭皮のかゆみや炎症を引き起こしてしまうこともあるので要注意です。

 

まとめ

今回は、最近SNSやネットで良く見かけるクリームシャンプー【KAMIKA】についてご紹介しました。

髪の老化を防ぎ艶のある綺麗な髪を手に入れるためにシャンプーの方法を見直してみると良いかもしれません。

楽天やアマゾンでは、KAMIKAのお試しサイズが限定販売されていますので、気になる方はまずはお試ししてみてください。

 

シャンプーを見直して綺麗な髪をキープしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました