【マスカレード・ホテル】あらすじ感想〜次々と立つ犯人フラグ

エンターテイメント

木村拓哉さん、長澤まさみさん共演【マスカレード・ホテル】のあらすじと感想です。

続編映画【マスカレード・ナイト】の公開前にぜひチェックしておきたい映画。

個人的には、豪華な俳優陣のおかげで、最後まで犯人もその狙いもわからずハラハラしながら楽しめましたよ!

スポンサーリンク

マスカレード・ホテルあらすじ・概要

概要

映画「マスカレード・ホテル」は、2019年公開のミステリー作品です。

原作は、東野圭吾さんのベストセラー小説。「マスカレード」シリーズの第1作目で、「HERO」シリーズの鈴木雅之監督がメガホンを取り、脚本は「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚さんが担当されています。

原作、監督、脚本すべてがヒットメーカーなので、見応え十分です。

キャスト

このドラマの主演、刑事であり潜入捜査のためにホテルマンに扮する新田浩介役を木村拓哉さん、ヒロインでホテルのフロントクラーク山岸尚美役を長澤まさみさんが演じています。

また、新田の元相棒である所轄の刑事、能勢役を小日向文世さんが、同じく潜入捜査にあたる刑事役には

渡部篤郎、梶原善、泉澤祐希等

ホテルを訪れる宿泊客らに

前田敦子、松たか子、高嶋政宏、宇梶剛士、菜々緒、生瀬勝久、勝地涼等

豪華な個性派俳優たちがこのホテルを訪れた理由や、ホテル内で巻き起こす騒動がテンポ良く進んでいきます。

あらすじ

都内で起きた3件の連続殺人事件。現場に残された暗号らしき数字が書かれたメモを解読した新田は、次に起きる殺人現場がホテル“コルテシア東京”だと推測。

捜査一課の刑事らは、新たな殺人を防ぐためホテル従業員に扮し潜入捜査をすることになるが、人を疑うことが仕事の刑事と、ホテルのお客様たちを信じることを信念とするホテルマン。

刑事にホテルの接客をさせることに不満を感じながらも、お互いに協力していく。

「ホテルにくる人々はお客様という仮面を被っている」

部屋にクレームをつけてグレードアップを狙う人、部屋の備品を盗んだように見せかけ、わざと疑われるような行動をし、クレームをつけて金銭を要求しようと企む者、ストーカーに狙われていると見せかけ、実はその相手の居場所を突き止めようとする者、目が見えているのに見えないふりをした老婆など。

次々とやって来るお客達の中には、何か表にはできない事情のありそうな者もいて、大小問わずトラブルが起きるのだが、お客様に不快な思いをさせないように対処するホテルマン、刑事目線でそのトラブルを解決する姿、それぞれの仕事に対する思いを感じ、少しずつお互いへの信頼を寄せていく。

顔も狙いもわからないままの犯人ではあるものの、ホテル業務と並行して、連続殺人事件の捜査も進み、ようやく容疑者逮捕かと思われた時、新たな事実が判明する。

果たして新田ら刑事は新たな事件を防ぐことが出来るのか。客に紛れた犯人は?狙われたのは誰なのか?

全てが解決する時、思いもよらない真実が明かされる。

 

感想

仮面

立場は違っても、職業人としてプライドを持って仕事している刑事とホテル従業員。仕事に情熱を注ぐ人たちに、「すごいな」と素直な気持ちになれる映画でした。

私の友人もホテルマンとして長年働いているので、理不尽な要求をしてくるお客さんや、クレーマーとのやり取りをしている場面では、その友人のことを思い浮かべてしまいました。

 

バディ(相棒)としての信頼

映画やドラマでは、主人公とヒロインの初対面での印象が最悪ということはお決まりなパターン。

この映画も同じく、刑事の新田とホテルマンの山岸、2人は全くと言っていいほど反りが合わず、お互いに反発しているのですが、時が経つにつれ、自分の仕事に情熱とプライドをかけている姿に、お互いを信頼するようになります。

小日向さん演じる能勢も、元相棒である新田を理解し、信用していて、一緒に働く上で相手が信じられるかどうかは重要だな、と感じました。

特に、刑事という職業に於いては、日頃からその人の行動、言動を良く観察していなければ、信頼し合えないだろうな、と思います。

だからこそ、その人を見る目がホテル内でも生かされていて、理不尽な要求にも逆らわずに対応するホテルにモヤモヤ感が増してくる中で、刑事でなければ気づけないことに気づきうまく解決する場面は観ていてスッキリしました。

 

ホテルマンの仕事に興味が持てる

ホテル内で起こるいくつかの事件。

クレーマーだったり、恋愛トラブルやストーカー。それに対処するスタッフ達。

映画なのでフィクションではあるものの、「実際にありそうだな」と思うようなことばかりでした。

非常事態では、冷静さを失って「他のお客さんの部屋番号を伝えてしまう」ような、普段なら絶対にしないようなこともしてしまう可能性があること。

自作自演で詐欺まがいのクレームをつけるお客がいること。

いくら「お客様を信頼することが1番大切」とは言え、対応は難しいなと思います。実際のホテルマンのお方達はどうやって解決しているのか、興味が湧いてきます。

犯人フラグは誰に?

この映画では、豪華なキャストがホテルを訪れ、それぞれにちょっとした事件を起こしているのですが、そのたびに「実はこの人が犯人なのでは?」と想像しては「違った」と、何度も繰り返すことになりました。

味方だと思っていた能勢も、実は手柄を横取り?裏切者?と思うような出来事があって、誰が敵で誰が味方なのか?

視聴者として、ついつい頭を使って考えてしまうストーリー。

小さな事件が解決し、ホテルを無事チェックアウトしたと思っていた人が、再びホテルを訪れた瞬間は思わず「ゾクッ」としました。

 

東野圭吾作品はやっぱり面白い

映画全体を通して、テンポよくちょっとした事件が起こりつつ、連続殺人事件の捜査も進んでいくストーリーは、小さな事件からも犯人やトリックに気づくきっかけになっていて、最初から最後まで飽きることなく楽しめました。

伏線回収も見事だし、劇中のちょっとした違和感が全て伏線になっていたんだとわかると、もう一回あの場面見たいな、と感じられます。

犯人がわかってからも、この事件のためにどれだけの時間をかけて計画したのか、人の心理を逆手に取ったような行動に、「もしフィクションでなく現実世界で起こったら、果たして警察はこの事件を解決出来るのかな?」と考えてちょっと怖くもなりました。

人・物・言動、細かな部分にまで拘られていて、東野圭吾の魅力がよく表れていた作品だと思います。

意図せず誰かを傷つける怖さ

誰かを傷つけようと思ってやったことと、逆に何かを守ろうとした結果、他の誰かを傷つけてしまうこと。

それは大きな違いではあるものの、傷ついた人にしてみれば、一生忘れることができないくらい深い傷になってしまうことがある。

今回の映画でも、新田も山岸も、自分では気にも留めないような過去の出来事が、他人の人生を大きく変えてしまうようなこととなり、それが結果として巡り巡って自分に返ってくる事件が起きました。

それが個人的にすごく心に残ります。果たして私は今までの人生で同じようなことをしてきていないかな?と振り返るきっかけにもなりました。

 

続編が楽しみ

東野圭吾さんの「マスカレード」シリーズ。原作では続編が既に2作出版されているので、続編映画も楽しみです。

その一つ

マスカレード・ナイト」の公開が決まり、連日主演の木村拓哉さん、長澤まさみさんが番宣で大忙しですね。

コロナ禍で、映画館へ行くのが難しい状況ではありますが、続編映画も楽しみたいと思います。

 

 

まとめ

映画【マスカレード・ホテル】のあらすじ、感想についてお話ししました。

番宣であちこちの番組に出演している木村拓哉さん。

木村さんが教えてくれたリアル飯は、こだわり強めで「やっぱり芸能人だな」と思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました