【きのう何食べた?】シロさんとケンジの定番クリスマス料理

FOOD

こんにちは!つきうさです。

ドラマ【きのう何食べた?】映画化も決まったこのドラマは、主演の西島秀俊さん、内野聖陽さんお二人が恋人役とのことで、その掛け合いが面白くもあり、ちょっとキュンとしてしまうこともあってついつい見てしまいます。

臨場など、ちょっと怖くて厳しい男性のイメージが強い内野聖陽さんが、まさかのゲイ役とのことで、最初はそれってどうなんだろう?と思っていた私ですが、見れば見るほどそれっぽく見えてしまう演技力にすっかり引き込まれてしまいました。

なんというか、恋をしている女性の気持ちをうまく表現していて、男性でも女性でも、そしてそれが同性愛でも、誰かを想うって素敵だな、切ないな、と改めて感じました。

そんなドラマ「きのう何食べた」で、2人が毎年クリスマスに食べるお料理が美味しそうだったので

今年のクリスマスは、2人が食べるクリスマスレシピと同じものを作ってみようかな?と思います。

というわけで、今回はドラマ【きのう何食べた?】からクリスマスに食べたい定番レシピの作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シロさんのクリスマスメニュー


第04話
より

シロさんが作るクリスマスメニュー。

ドラマの中では、主人公シロさんとケンジが初めて一緒に過ごすことになった年に、クリスマスっぽいお料理としてシロさんが作ったメニュー。

それ以来、毎年ケンジがリクエストしているメニューがこちら。

ラザニア

鶏肉の香草パン粉焼き

明太ディップ

シロさんのラザニアの作り方

シロさんが作るラザニアは、トマトソースとホワイトソースたっぷりです。

<材料>

(トマトソース)

  • ニンニク      1欠け
  • セロリ       1/2本
  • タマネギ      1個
  • にんじん      1/2本
  • 豚ひき肉      200g
  • ホールトマト    1缶
  • コンソメキューブ  1個
  • ハーブ(ローリエ) 1枚

(ホワイトソース)

  • バター      30g
  • 小麦粉  大さじ3
  • 牛乳   300cc
  • 塩、コショウ

(ラザニア)

  • ラザニア   6枚
  • 塩、コショウ
  • サラダ油
  • ほうれん草
  • とろけるチーズ、パルメザンチーズ

<作り方>

① ニンニク、セロリ、タマネギ、にんじんをみじん切りにする。

② 鍋に切った野菜を入れ、サラダ油で炒める。

③ 火が通ったら、豚ひき肉を入れてさらに炒める

④ ホールトマトを入れ、トマトを潰すように煮崩す

⑤ トマト缶の2/3程度の水を足し、コンソメとローリエを入れて煮る

<ホワイトソース>を作る

① 鍋にバターを入れて火にかけ、バターがある程度溶けてきたら小麦粉を入れて中弱火にし、ダマにならないように混ぜる

② 牛乳を少しずつ足しながらよく混ぜ、塩コショウを振って味を整える。

 

<ラザニアを焼く>

① 別鍋にたっぷりの湯を沸かし、サラダ油と塩を少量入れラザニアが柔らかくなるまで茹でる

② 耐熱皿に先に作ったトマトソースを塗り、ラザニア→ホワイトソース→ほうれん草→とろけるチーズ→トマトソース→パルメザンチーズの順に重ね、3回繰り返す。

③ 予熱したオーブンで焼いたら出来上がり

香草パン粉焼きの作り方

<材料>

  • 鶏肉
  • パン粉
  • パルメザンチーズ
  • ニンニク
  • オレガノ
  • バジル
  • オリーブオイル

<作り方>

① 鶏肉は食べやすい大きさに切る

② ボウルに鶏肉以外の材料を全て入れて混ぜる

③ 鶏肉に②をまぶし、耐熱皿に並べオーブンで焼く

明太ディップ

こちらはサワークリームとほぐした明太子を混ぜるだけ。

混ぜたものを、バゲットにたっぷりつけて食べます。

定番メニューを大切な人と

ドラマの中で、シロさんがケンジに

「去年もクリスマスに同じメニューリクエストしたよな。こういう日くらい他に食いたい物ないの?」

と聞くのですが、ケンジは

「おせち料理みたいにいつも同じメニューの方が特別な日って感じがするじゃん」

と答えるんです。

“なるほどね“って思います。それだけ2人の歴史があるってこと。

 

来年のクリスマスも隣に大切な人がいてくれたらいいな。

コロナ禍で、なかなか外食もままならない日が続いて、家でご飯を食べることが当たり前になった今、特別な日を大切な人とゆっくり穏やかに過ごすのも悪くないな、

と思う私です。

 

スポンサーリンク



まとめ

クリスマスって、どこか特別な日って感じがしますね。

大切な人がいて、毎年一緒に過ごすことができるって、とても素敵ですよね。

今年はどんなクリスマスにしよう?と考えることも楽しいけれど、ドラマの2人のように、特別な日をいつものメニューとして過ごすのもいいな、と感じます。

皆さんにとって、今年も素敵なクリスマスとなりますように!

タイトルとURLをコピーしました