【VS魂】20分で作るIKKOさんの鷲掴みコース料理の作り方

FOOD

IKKOさんは、バラエティ番組で度々その腕前を披露していて、簡単で美味しいお料理が魅力的です。

先日放送されたフジTV系【VS魂】の中でも、キンプリ岸くん&藤井流星くんチームとの料理対決で、絶品コース料理を作り上げていました。

この日に作ったのは、TOKYO2020オリンピック、サーフィン女子の同メダリスト都築有夢路さんの冷蔵庫にある食材での即興料理。

IKKOさんは、見事なコース料理に仕上げていました。

スポンサーリンク

IKKO流コース料理の作り方

コース料理は

  • そうめんのカルボナーラ
  • アスパラの肉巻き&鶏胸肉のキャベツソース
  • アサイードリンク

主食の麺、メインの肉料理、デザートドリンクです。

素麺のカルボナーラ仕立て

あまりがちな食材、そうめんをカルボナーラ風にアレンジすれば、主食級の洋風そうめんに。

いつもとは一味違うそうめんです。

材料

素麺

卵黄

めんつゆ

おろしにんにく

作り方

① 素麺を茹でる。

② 茹で上がった素麺を水でしめ、ボウルに素麺と卵黄を入れよく混ぜる。

③ めんつゆとおろしにんにくを加え、麺に絡ませたらお皿に盛り付ける。

④ きゅうりの漬物を細く切り、そうめんの上に飾れば出来上がり。

めんつゆとバターは相性がとても良いです。

今回は、冷蔵庫にあるものを使用した料理だったので、きゅうりの漬物を合わせましたが、きゅうりの代わりに小口切りのネギを混ぜたり、カリカリに焼いたベーコンを混ぜても美味しくなると思います。

肉巻きアスパラ&鶏胸肉のソテー

こちらは、アスパラの肉巻きと、鶏胸肉をソテーしたものに、キャベツを使ったソースをかけて食べる肉料理です。

材料

<肉巻きアスパラ>

アスパラガス

豚バラ肉

塩、コショウ

<鶏胸肉のソテー>

鶏胸肉

ビール

塩、コショウ、小麦粉

<ソース>

キャベツ

ブロッコリー

バター、蜂蜜、牛乳

しょうゆ、おろしにんにく

作り方

① アスパラは塩少々し、ラップをかけてレンジで温めておく。

② アスパラに豚バラを巻きつけ、塩胡椒で下味をつけたらフライパンで焼く。

③ 食べやすい大きさに切った胸肉に包丁で切り込みを入れ、フォークで数カ所穴を開けるように刺しておく。

胸肉にフォークで穴を開けるように刺すことで、食感が柔らかくなり、下味が入りやすくなります。

④ 下処理した胸肉をジップロックなどの袋に入れよく叩く。(番組ではフライパンの底で叩いていましたが、ご家庭では麺棒が良いかな?と思います)

⑤ 鶏肉の入った袋に、ビール少量を入れさらに数回叩く。

叩いて伸ばすことで肉に火が通りやすくなり、ビールの酵母はタンパク質を分解する効果があるためお肉が柔らかくなります。

⑥ 塩胡椒で下味をつけ、小麦粉を軽くまぶす。

⑦ オリーブオイルで胸肉の表面に焦げ目がつく程度に焼く。

<ソース>

① キャベツ、ブロッコリーは塩を振ってレンジで温める。

② キャベツ、ブロッコリー、ハチミツ、バター、牛乳をミキサーにかけ、濾したものをフライパンで火にかける。

③ しょうゆ、おろしにんにくで味を整える。

肉巻きアスパラ、鶏胸肉のソテーをお皿にもり、キャベツのソースをかけたら完成。

 

アサイードリンク

アサイーは日本でも数年前にアサイーボウルがブームになりましたね。

紫色をした果実は、アントシアニンがたっぷり。

ブルーベリーや赤ワインの何倍ものアントシアニンを含むアサイーは、抗酸化作用に優れ、アンチエイジング効果が期待されています。

 

そんなアサイーと牛乳をミキサーにかけ、飲む前に蜂蜜を加えてよく混ぜるだけでお手軽なスムージードリンクが簡単に作れます。

 

まとめ

初見の冷蔵庫にある材料で、ぱぱっと素敵なコース料理を作り上げたIKKOさん。

あまりがちな素麺のアレンジレシピは助かりますね。

見た目はおしゃれで手の込んだコース料理なのに、どれも簡単に出来るので、皆さんもぜひ作ってみてください。

別番組では簡単に出来る手抜き料理を披露していたIKKOさん。簡単でもクオリティが高いので、お料理上手なことが伝わります。

見ているだけでも胃袋をギュッと掴まれた気がしますよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました