スマホを長く使いたい〜手動でOSバージョンアップする方法

ライフブログ

こんにちは!

皆さんはスマホを買ってからどのくらい使い続けていますか?

スマホって、買ってから数年経つとバッテリーの消耗が早くなったり、いろんなアプリをダウンロードして容量が増えて重くなったり。

そろそろ替え時かな。

なんて考えながらも、まだ使えるし高くて買い替えられないことってないですか?

そうやって使い続けていると、新しいアプリを使おうと思ってもスマホのバージョンが古くてインストールできなかったりしますよね。

私は、もうかなりの年数今のスマホを使っているのですが、今までのところあまり不都合はないので、もうしばらくそのまま使いたいと思っています。

ところが、どうしても必要なアプリが今のスマホのバージョンに対応しておらず、インストールできない事態が発生。

買い替えるしかないのかな?

やっぱりもう限界なのか、と諦めかけましたがふと思い立ってOSのバージョンアップができないかと考えました。

そこで今回は、私が試したスマホのO Sバージョンアップ方法についてお話しします。

スポンサーリンク

スマホのバージョンアップ法

自分でスマホのOSバージョンアップをするには

①スマホ本体から行う

②PCに接続して行う(xperia向け)

二つの方法があります。現在使用中の機種がアップデート対応中の物であれば、スマホ本体から行う方法が簡単だと思いますが、古い機種になってしまうと、本体からはできないこともあります。

まずは今自分が使用しているスマホのOSバージョンを確認してみましょう。

OSのバージョンを確認するには

私が使ってるのはバージョンいくつ?

自分のandroidスマホのOSバージョンがいくつなのか、すぐに答えられる人は少ないのではないかと思います。

バージョンを確認するには

スマホの「設定」→「システム」→「端末情報」とタップしていくとわかります。

スマホ本体でアップデートする

上記のバージョン確認と同じ方法で「端末情報」画面に入ると、「ソフトウェアアップデート」という項目があります。

そこから「今すぐ更新」をタップしてみると、更新情報の有無が確認できるので、更新情報がある場合にはそのまま端末の指示に従って操作すればOKです。

※ただし、更新には時間がかかり更新している間は電話やメールなど、一切の操作ができないので更新作業はスマホを使用しない時間にするのがおすすめです。

実際、私もandroid version 6 からversion7への更新の時は、スマホ本体から行いました。

とりあえず、それで不都合なことはなかったのですが、今回どうしても使いたいアプリがversion8以降からでないと対応していないことがわかり、再びアップデートしなければならない状況に追い込まれました。

スマホ本体からのアップデートができない

前回同様、スマホでバージョンアップをしようと本体からの操作を試みたのですが、

「アップデートの必要はありません。このままお使いください」

とメッセージが出て、これ以上のアップデートはできませんでした。

やっぱり買い換えるしかないかな。

諦めるしかないかな、と思ったのですが、ネットで今の機種の情報を検索してみると、バージョン8への更新に対応したという情報がありました。

PCからスマホをバージョンアップする方法

今の機種で、私が必要としているandroid version8に対応していることがわかったものの、スマホ本体ではアップデートできません。

そこで次に試したのがパソコンに接続して、アップデートする方法でした。

PCに必要なソフトをインストールする

今回試したのは、sony Xperiaのスマホです。

PCからスマホ本体のOSバージョンアップをするために、まずは必要なソフトウェアXperia CompanionをPCにインストールします。

Xperiaコンパニオン(Xperia Companion) | サポート | Xperia(エクスペリア)公式サイト
Xperiaコンパニオン(Xperia Companion)は、Xperia(エクスペリア)の本体ソフトウェアの更新を簡単かつ安全に行えるパソコン用ツールです。音楽・画像・動画などのコンテンツを閲覧・同期・転送・管理することもできます。

Xperia Companionの使い方

Xperia companionのホーム画面

スマホとPCを接続する

ソフトウェアのインストールが完了したら、Xperia Companionを開き、スマホとPCをUSBケーブルで接続します。

※私は普段スマホの充電をする時、typeBのケーブルにtypeC変換アダプタを装着して充電しているので、そのケーブルでPCへ接続したのですが、typeC変換アダプタでは接続してもスマホが読み込まれませんでした。

 

接続には必ずUSB-typecのケーブルを使用しましょう。

接続後、スマホにメッセージが表示された場合は、指示に従いPCとのデータがやりとりできるようにします。

 

USB接続モードを変更する

PCとスマホを接続しても、データのやりとりができない場合は、スマホ側でUSB接続モードを変更する必要があります。

「設定」→「接続機器」→「USB」→「USB接続モード」をクリックし、Xperia companionをインストールします。

更新プログラムの有無を確認

無事にスマホが接続されると、自動的に更新プログラム有無の確認が始まります。

更新確認が始まらない場合、Xperia Companion のホーム画面左にある【更新】をクリックします。

更新可能なプログラムがある場合はここで表示されます。

更新プログラムがあるときのメッセージ

 

必要な更新プログラムをダウンロード

プログラムのダウンロード指示画面

更新可能なプログラムが見つかったら、プログラムをダウンロードします。

そのまま指示に従い「OK」をクリック。

 

Xperia companionのホーム画面右上にダウンロード中の表示がされます。

スマホのバージョンアップが始まる

更新プログラムがダウンロードされたら、スマホ本体のバージョンアップへ進みます。

「ソフトウェア更新」のメッセージ画面が出るので、「次へ」をクリックすると、更新パッケージがスマホへコピーされます。

更新パッケージのコピー

コピーが終了し「インストールの準備が整いました」のメッセージ画面に切り替わったら、「次へ」をクリックするとスマホ本体の更新処理が始まります。

更新中は電話やメールなどすべての使用ができなくなるので、更新処理はスマホを使用しない時間帯(就寝前など)にするのがおすすめです。

更新処理には時間がかかります。

更新プログラムがインストールされると、自動的に何度か再起動されるのでひたすら待ちます。

バージョンアップ完了

スマホが再起動し、更新処理が終了するとPCにメッセージが表示され、バージョンアップが完了します。

完了後、PCからスマホを切断したら、最初にスマホのバージョンを確認した時と同じように確認してみます。

バージョン情報やビルドNoが、今回の更新パッケージの番号と同じものになっていれば成功です。

もし更新されていなかったら、スマホを何度か再起動してみてください。それでもダメなときは、もう一度ソフトウェアの更新処理をし直すと更新されると思います。

 

スポンサーリンク



まとめ

今持っているスマホをこれからも使い続けたい、そんな方のために、OSを手動でバージョンアップする方法についてお話ししました。

私はこの方法でバージョンアップさせた後、ダウンロードしたかったアプリも無事インストールできて、今のところ問題なく使えています。

半導体不足やSDGsが騒がれるこんな時代だからこそ、今あるものを大切にしていきたいな、と思います。

長く使うためのちょっとした努力、同じように悩んでいる方はぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました