ブログのモチベーションを保つには?凡人の私でも出来ること

ブログのこと

世の中には、ブログを始めてたった数ヶ月でPV10万とか、アドセンス収入100万円なんて人が確かに存在するんです。

【アドセンス PV】とかのワードで検索すると、上位にはそんな記事がいくつも出てきて

「自分にもできるかも」

なんて夢見ちゃったりする。

でも、それって本当は一握りの人だけだということもわかっています。

それがその人の実力なのか、それとも運なのか。

自分には才能がない、とあきらめる前に、ちょっとだけ自分にできることを考えるきっかけをいただきました。

スポンサーリンク

天才と凡人の差を埋めるもの

先日、音楽プロデューサーのつんくさんが林先生との対談をするテレビ番組があって、その中でつんくさんが「凡人が天才に勝つためには数で勝負するしかない」と感じた時のことをお話ししてくれました。

誰もが知るつんくさん。私から見れば(おそらく多くの人が見ても)つんくさんは才能のある人で、決して凡人ではないと思うのです。

シャ乱Qとしてデビューしたばかりの頃は、同期である【ミスチル】や【スピッツ】が次々とヒットを生み出す中、シャ乱Qだけがなかなか売れない日々だったそう。

そんなライバルたちの活躍を見ながら、最初は悔しい気持ちだったつんくさんの気持ちに変化が起きるんです。

ミスチル櫻井さんのことは、憧れとジェラシーが入り混じった感情で、彼は天才だと思うようになった、と。

凡人の自分はひたすら曲を作って数で勝負しようと思うようになったと話していました。

実際、ヒット曲となった「シングルベッド」では、それまで1曲につき2パターン作成していた歌詞を、50パターン作成したことも教えてくれました。

そのお話しを聞いた時、「ブログも同じだな」と思ったんです。

努力し続けられる人は強いね

 

何事も努力し続ける人は強い

ブログに関わらずですが、何事も、たとえば勉強でもスポーツでも同じですよね。

確かに、生まれ持って才能のある人間っているんです。同じことをしても、苦労せずに難なくこなせてしまう人。

だけど、その他大勢のありふれた人間は、天才との差を努力でカバーするしか道はない。

才能ある人間が1時間でできることならば、その何倍も努力する。

もちろんそこに、少しの運が左右するものだとは思うけれど、その運は努力によって引き寄せられるのかもしれないと、今は思ったりします。

天才だって、その才能をさらに高めるための努力を惜しまずにしているからこそ、さらに強くなるんですよね。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

ことわざにあるように、たとえ下手でもたくさん撃てば当たる時が来るかもしれない。

ブログもそう。

どんな記事が読まれるのか、それは書いてみなければわからない

SEOがどうだとか、キーワードがどうだとか。

もちろんコツやテクニックは存在するのだろうけれど、全く気にせずに書いたものが、偶然読んでくれた人からシェアされて広がっていくことがあったりもする。

だから、自分の中で“これだ!“と思う瞬間が来るまでは、いろんなことを試してみるのもいいのかなと思います。

私もまだまだ手探り状態。

キーワードやタイトルを狙って何時間もかけて書いた記事が全然誰にも読まれずに、ブログを辞めたくなる日もあれば

思いつきでサラッと書いた記事がソコソコのPVになっていたりする。

そんなPV数に一喜一憂しながらも、楽しいな、と思えているうちは、どんなにゆっくりでも続けていけると思います。

 

好きこそ物の上手なれ

上達するために努力する。

だけどその努力に結果がついてこない時は苦しい。辞めたくなることだってある。

それでも。

好きなことなら努力することも楽しめるはず。

だって好きなゲームなら、レベルアップのために地味な作業を続けることも楽しいでしょ?

ブログも「書くことが楽しい」と思えるようになったらいいですよね。

「楽しい」が「好き」に変わったら、きっと続けていくことが「苦」にはならないから。

終わりに

今回の記事は、ただただ私個人の感じたことを綴っただけなので、これが何かの役に立つわけではないと思うのですが、自分のブログ、たまにはこうしてただの感想を綴る日があっても良いかな、と思います。

何かを続けていくことは、それだけで尊いです。

続ける中で壁にぶつかった時は、ちょっと休んで自分が続けることの意味を考えるのも大切な時間ではないでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました