自分らしい生き方研究所

寒い季節は白髪が染まりにくい?冬でも簡単に白髪染めする方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
30代で原因不明の病と難病発覚。 今までとは全然違う生活になりました。 病気が原因で失ったものは多いけれど 多くの人に支えられ、自分らしく生きることを考えるようにもなりました。 病気になっても出来ることはまだまだたくさんあります。 輝く人生を送るために日々感じたことを公開していきます。
冬は寒くて自分で白髪染めするのが大変なのよね

自宅で白髪染めをする時、洗面所やお風呂の脱衣所で染めることが多いですよね。洗面所に暖房器具のないお宅では、冬に髪を染めるのも一苦労。

実際、気温が20度を下回ると、市販の白髪染めでは髪に色が入りにくく、思うように染まらないことがあります。

使用している白髪染めのメーカーや種類によって多少の違いはありますが、説明書にも染めるのに適した気温が表示されています。

 

でも暖房が効いた部屋の中で白髪染めするのはちょっと抵抗が…
それなら”光で染める白髪染め”はどう?

私がおススメしている“光で染まる白髪染めクリーム”なら、寒い季節でも簡単に白髪を染めることが出来るんです。

今日は寒い季節に自宅で白髪染めをする際に気をつけることや、おすすめの白髪染めクリームをご紹介します。

 

冬の白髪染めの注意点

気温と白髪染めの関係

そもそも、どうして冬は髪が染まりにくいのでしょう?

それは市販の白髪染めに使用されるヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜることで化学変化が起こり髪に色がつくのですが、その化学変化には最適な温度があるからなんです。

メーカーによって多少の違いはありますが、一般的に市販されているヘアカラーの場合の適温は20℃〜30℃

特にムースタイプのヘアカラーの場合は、気温が低いとムース状になりにくいためカラー効果が得られなくなってしまいます。

 

キレイに染めるためのコツ

冬や気温の低い時に、髪をキレイに染めるためには

  • 髪を染める前にヘアカラーを適温まで温めておく

ヘアカラーの適温は、20℃〜30℃

染める前に暖かい室内に置いておき、カラー剤が適温になるようにしましょう。

ただし、火のそばでの使用は危険なので寒くてもストーブの近くには置かないように気をつけましょう。

 

  • 出来るだけ暖かい場所で染める

洗面所で染める場合には、染める時に電気ストーブなどを置いて室温を暖かくするか、ヘアカラーを塗布した後、床や衣類にカラーがつかないよう気をつけながら暖かい場所へ移動して、指定時間を過ごすようにしましょう。

ちょっとしたことに気をつけるだけでキレイに染められますよ

 

光で染める白髪染めクリーム

気温によって染まりにくくなるヘアカラーですが、気温に左右されずに白髪を染められるクリームがあるんです。

それが、私のおすすめ【サンカラーマックス】 です。

 

出展:サンカラーマックス公式HP

サンカラーマックスは、クリームに含まれる銀イオンが髪に付着し、光と反応して色がつくしくみ。

真冬の寒い日でも、朝気になる白髪にクリームをつけるだけなので簡単です。

ヘアカラーのような1剤と2剤を混ぜたり、何分置いて洗い流すという面倒な手間はありません。

朝クリームをつけたら、夜お風呂でいつものようにシャンプーするだけ。たっぷりと日差しを浴びることができれば1日でも効果はありますが、通常は2〜3日で白髪が気にならない程度まで色がつき、その後の特別な手入れも必要ありません。

 

実際に私が使用した感想を記事にしていますので、気になる方はそちらもご覧ください。

まとめ

今回は、寒い季節の白髪染めについてご紹介しました。

寒い季節でもキレイな髪でいつまでも若々しくいたいものですね。

ヘアカラーするのに最適な気温を知って、キレイな髪を維持しましょう。

 

↓↓ご紹介したサンカラーマックスのご購入はコチラから↓↓

 サンカラーマックス公式サイト

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
30代で原因不明の病と難病発覚。 今までとは全然違う生活になりました。 病気が原因で失ったものは多いけれど 多くの人に支えられ、自分らしく生きることを考えるようにもなりました。 病気になっても出来ることはまだまだたくさんあります。 輝く人生を送るために日々感じたことを公開していきます。

Copyright© ヘアラボ【Tsukiusa】 , 2020 All Rights Reserved.