自分らしい生き方研究所

【甘酒トマトジュース】が夏の疲れに効果的な理由とは?

2019/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
30代で原因不明の病と難病発覚。 今までとは全然違う生活になりました。 病気が原因で失ったものは多いけれど 多くの人に支えられ、自分らしく生きることを考えるようにもなりました。 病気になっても出来ることはまだまだたくさんあります。 輝く人生を送るために日々感じたことを公開していきます。

今年の夏も暑かったですね。

やっと朝晩涼しくなって秋の気配を感じる今日この頃ですが、昼間はまだまだ残暑も厳しく、暑かった夏の疲れが出やすいのもこの季節。夏バテや残暑で溜まった疲れに効く飲み物が【甘酒トマトジュース】なんです。

 

【甘酒トマトジュース】とは?

その名の通り、トマトジュースを甘酒で割ったもの。

甘酒は飲む点滴とも言われ、この数年ブームになりましたよね。

寒い時期に飲むイメージの強い甘酒ですが、昔は夏の暑い時期に飲まれていたことをご存知ですか?

最近では各メーカーから冷たい甘酒が販売されています。

 

トマトには、抗酸化作用のあるリコピンが多く、こちらも健康的な食べ物として健康番組では特集されることの多い野菜。

その二つを組み合わせたのだから、体に良いことは簡単に想像できるのですが、今までトマトジュースを甘酒で割るなんて考えたこともありませんでした。

しかも

トマトの酸味と甘酒の甘味。

本当に美味しいの?と不安もありますよね。

 

意外と飲みやすい【甘酒トマトジュース】

飲んでみると、見た目に反して意外と飲みやすい。

トマトジュースが苦手な方でもこれなら飲めるかも?というくらい、トマトの酸味や独特の匂いを甘酒がまろやかにしてくれます。

逆に甘酒が苦手な方にとっても、トマトジュースの酸味が程よく甘さを抑えてくれるので、それぞれを単品で飲むより美味しいと感じられるようです。

 

【甘酒トマトジュース】が夏バテに効く理由

トマトの効果

 

先ほども書きましたが、トマトには抗酸化作用のあるリコピンが多く含まれています。

このリコピンは、がんや老化予防に効果的

 

トマトジュースは、トマトの細胞壁を壊して作られるのでそのままのトマトを食べるよりリコピンの吸収率がなんと4倍。

また、トマトジュースは朝飲むのが最もリコピンの吸収率が上がるので、朝食として摂るのが理想的。

 

トマトの健康効果をパワーアップさせる甘酒

 

甘酒には酒粕から出来たものと米麹から出来たものがあります。

トマトジュースに混ぜるのは、米麹を使用した甘酒。

米麹を使った甘酒には血圧を安定させる働きがあり、栄養価の高い成分がたくさん含まれているので、トマトジュースに加えることでより健康に良い飲み物になります。

夏バテで必要な栄養が不足した体にはピッタリな飲み物ですね。

 

オリーブオイルを足せばさらに効果的

 

トマトと相性の良いオリーブオイル。

甘酒トマトジュースにオリーブオイルをちょい足しすると、リコピンの吸収率がさらにアップ。

味も冷製スープやガスパチョのようになるので、違和感なくいただけます。

 

まとめ

10月になっても残暑を感じる日が続きますが、トマトジュースのリコピンと甘酒の栄養で体調を整えて、秋も楽しく健康的に過ごしたいですね。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
30代で原因不明の病と難病発覚。 今までとは全然違う生活になりました。 病気が原因で失ったものは多いけれど 多くの人に支えられ、自分らしく生きることを考えるようにもなりました。 病気になっても出来ることはまだまだたくさんあります。 輝く人生を送るために日々感じたことを公開していきます。

Copyright© ヘアラボ【Tsukiusa】 , 2019 All Rights Reserved.